Tag: Ripple

Press Release

That’s it! The first round of our IEO was a ROARING success after we...

On behalf of all of us here, a big THANK YOU to everyone who participated in the bounty, the IEO, and generally helped us crowdfund above...

WireConnect 2019ロンドンブロックチェーン研究所との提携によるWireSummit | B.I.D.E

WireConnect 2019 WireSummitが成功した後、BTC Wiresはロンドンの中心部に集まった別の革命的なブロックチェーンに戻りました。 WireSummitを搭載したWIRE CONNECTは、革新的なアイデアに裏付けられたスタートアップと共に、ブロックチェーンの分野で最も影響力のある名前のいくつかを組み合わせて、自社製品が分散型の未来をどのように形づくるかを発表します。 WireConnectは、真の可能性を秘めた今後のスタートアップが単なる翼を獲得するのではなく、その下にある風を獲得する、ブロックチェーンギャザリングの新しいトレンドを設定することを目指しています。 2019年3月23日、ロンドンのインペリアルカレッジで、投資家とブロックチェーンの新興企業の集まりが開催されます。 WireConnect 2019はBTCWiresがLondon Blockchain Labsと提携して開催します。メガイベントに続いて、ガラディナーが開催され、参加者や影響力のあるゲストと直接対話して、食べ物への共通の愛についてのビジョンやアイデアについて話し合いながら、さわやかなカクテルをもう一杯お楽しみください。 技術が現代的であるとき、なぜ出席者が時計を見るだけである伝統的で退屈な集会形式にこだわる。 イベントフォーマット WireConnectは、著名な投資家と革新的なブロックチェーンのスタートアップをまとめてアイデアを次のレベルに引き上げることをお約束する、招待制のみの独占的なブロックチェーン集まりです。 このイベントは、あらゆる新しいテクノロジーの2つの非常に基本的な見通し、アイデアを持つ人々とそれらのアイデアを現実の実用的な製品およびサービスとして形にするためのリソースを持つ人々をまとめることを目的としています。 イベントに続いて、豪華な集まりの夕食会が開催され、新進気鋭の起業家が、B.I.D.EへのVIPアクセスに参加した後に、金融の専門家、アナリスト、および分散世界の先見の明のある人々と交流する機会を提供します。このイベントは主催者としての私たちだけではなく、もっと多くの集会を望んでいる出席者にとっても驚くべきことではありません。 座席を予約するには? WireConnectには、これから開催されるBlockchain Gatheringの詳細をすべて収集して、排他的な収集の一環として参加する機会を提供するために登録できる、イベント専用のWebサイトがあります。詳細についてはwww.wiresummit.orgをご覧ください。

IBMは最新のブロックチェーン特許の科学研究をターゲットに

米国の多国籍IT企業であるIBMは、科学研究を支援し、その成果を記録するためにブロックチェーンを使用する予定であると、米国特許商標庁に提出された新しい特許出願が11月8日に明らかになった。IBMは昨年12月にこのコンセプトを最初に提出し、「オープンな科学研究のためのブロックチェーンとデータ収集と分析の統合」を予見していると語る。このアプリケーションは、ブロックチェイン部門で企業が求めている特許が着実に増えている最新のもので、先週の拡張現実ゲームを対象とした最新の賞です。現在では、より技術的に分断された部分は、科学的知見を保護するための「必要なコントロールとメカニズム」を提供するプラットフォームがないことを記述しています。「現在、科学研究に関する情報を共有し、透明なデータ収集と分析のステップを示すためのプラットフォームは限られています」と、「既存のプラットフォームには、データが改ざんされないようにするためのオプションがほとんどないため、信頼できるデータを許可するための必要なコントロールとメカニズムが欠けています。より広義には、科学セクターは技術の出現から複数の方法で利益を得ることになる。様々な試みが既にこの分野のいくつかの側面を対象としており、今年初めに、医薬品とゲノミクスの両方の研究データのための業界特有のブロックチェーンツールに関するCointelegraphの報告が行われました。 window.fbAsyncInit = purpose() FB.init( appId : '1922752334671725', xfbml : correct, variation : 'v2.9' ) FB.AppEvents.logPageView() (functionality(d, s, id) var js, fjs...