MITの研究者はより速く、より効率的な暗号通貨を発明しました

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者は、他の現在普及している暗号通貨と比較してトランザクションを最大99%検証することに加えて、ユーザーがネットワークに参加する必要性を大幅に減らす新しい種類の暗号通貨を開発しました。ご存じのとおり、暗号通貨は、ブロックチェーンテクノロジを中心に構築されたネットワークメカニズムに取り組んでいます。ブロックチェーンテクノロジは、トランザクションデータの情報を含むブロックのリストです。現在、新しいユーザは、暗号通貨に参加するために他のユーザの取引データに関連するすべての情報をダウンロードして記憶しなければならない。これは、サービスの使用とネットワーク内の他のトランザクションの検証にも必須です。間違いなく、これらの要件はトランザクションを安全かつ確実にします。しかし、大量のデータがあると処理が遅くなり、多くのユーザーにとって実用的ではなくなります。

ボールト暗号通貨

大規模データと処理が遅いという問題を回避するために、MITの研究者たちは、ネットワークと分散システムのセキュリティに関する次回のシンポジウムで論文を発表し、Vaultと呼ばれる新しい暗号通貨を紹介します。 Vaultは、トランザクションデータ全体をダウンロードしなくてもユーザーがネットワークに参加できるという点でユニークです。ユーザーはデータのごく一部をダウンロードするだけでVaultの一部になることができ、データ処理の負荷が軽減されます。それによってプロセスをより速くそして便利にする。その上、暗号通貨には、通常多くのスペースを消費する空のアカウントを削除するための技法もあります。 Vaultは、データ要件と処理時間を削減するのに役立つ最新のトランザクションとのトランザクションデータ検証のプロセスを可能にします。

帯域幅の削減

一般的な暗号通貨と比較すると、Vaultはネットワークに参加するために必要な帯域幅の大幅な削減を示しています。 Bitcoinとは対照的に、Vaultはネットワーク参加に必要な帯域幅を99%削減し、Ethereumとは対照的に、帯域幅の削減は90%まで調整できます。 Vaultがトランザクションをすべてのノードによって検証されることを保証するので、この削減はセキュリティの犠牲にはなりません。 Vaultの背後にある暗号通貨ネットワークは「Algorand」と命名され、研究者によれば、それは他のデジタル通貨のネットワークよりも分散化され、安全で、そしてさらに重要なことにはスケーラブルです。

Leave a Reply