Litecoinの価値が急上昇し、回復力を実証し続ける

2011年の創業以来、Litecoinは、市場の著しい変動とより高度なプラットフォームとの競合にもかかわらず、トップアルトコインとしての地位を維持してきました。それは最近、再びその価値を著しく高め、批評家たちが間違っていることを証明している。強力なコミュニティと開発チーム、そして堅固な名前の認識により、Litecoinは投資家にとって驚くべき長期的な価値があることを証明できますが、それでもBitcoinに代わる実行可能な代替手段と見なすにはまだ多くの課題があります。

ライトコインは現在の市場の回復から大きな恩恵を受けており、2月上旬の30ドルから今日の約120ドルまで増加しています。この急増の大部分は最近のものであり、アナリストの中には今後の半減期に結びつけているため、ブロック報酬が25 LTCから12.5 LTCに削減されることもあります。半減は8月上旬に予想されています。半分にすると値段が上がる傾向がありますが、Litecoinにはその価格に影響を与えているものがはるかにあります。全体的な市場の回復に伴い、数ヶ月または数年の活動停止後に暗号スペースに戻ってきている多くの投資家がいます。これらの個人は、Litecoinのように、以前に所有していた、または保有していた、よく知られたプラットフォームを購入する可能性がはるかに高いです。また、Litecoinは常にBitcoinよりも速いトランザクション速度と低い手数料を享受してきました。そのため、2つのうちどちらが大量に採用される可能性が高いと多くの人が考えています。

Litecoinが過去数年間にBitcoinに発生した不和を避けてきたことも注目に値します。 2017年にSegregated Witnessを議論することなく採用し、独自バージョンのLightning Networkを1年以上運用しています。ただし、Bitcoinとは異なり、Litecoinの1秒間に60トランザクションというチェーン上の容量に達することはめったにないため、2層目のスケーリングソリューションはまだ必要ありません。現在、約200のLightningノードしかありません。

おそらく、Litecoinが直面する最も重要な課題は、Bitcoinとの密接な関係です。トップ10のプラットフォームであり続ける能力は素晴らしいのですが、その採用者は主に投機家やトレーダーです。 Bitcoinがより高度なライバルを擁護して標準となった場合、大量採用されている暗号通貨を使用する場合、Litecoinは(他の多くのプラットフォームとともに)存在する理由がほとんどないでしょう。

今のところ、Litecoinコミュニティには祝福する理由があります。価格の上昇に加えて、ハッシュ処理能力も取引量と同様に上昇しています。支払いを受け入れる企業でも、わずかながら、増加が見られます。したがって、長期的な実行可能性に関する問題は後日対処する必要があります。

BigStock via注目の画像

Leave a Reply