FCA、暗号資産に関する規制を明確にするためのコンサルテーション・ペーパーを発表

2019年1月23日に、英国の金融行動管理局(FCA)が「暗号化に関するガイダンス」コンサルティングペーパーを発行しました。この50ページにわたる長い財務文書では、当局は暗号化分野における一般的な規定を明確にするガイドラインを提示しました。この文書は、暗号交換、財務顧問、および顧客を含むさまざまな利害関係者にとって重要な意味を持ちます。規制をさらに改善するために、FCAはステークホルダーからのフィードバックを求めており、2019年4月5日までに提出することができます。それに続いて、規則当局はついに暗号資産規制の輪郭を概説する方針声明を思い付くでしょう。

暗号アセットの分類

このレポートは、暗号アセットはさまざまな形式をとることができることを完全に認識していましたが、それでも分類の目的で、暗号アセットを3つの大きなカテゴリのトークン交換トークン、セキュリティトークン、およびユーティリティトークンに分けました。トークンのカテゴリを決定するために、FCAはケースバイケースアプローチを採用し、トークンのカテゴリは相互に排他的ではなく、ある時点で1つのカテゴリに属する​​1つのトークンは別の種類のトークンと見なすことができるそのライフサイクルの後半の間に。

一番最初の種類のトークンである交換トークンは、交換目的に直接使用できるトークンです。これらのトークンは中央当局によって裏付けられたり発行されたりするものではなく、紙は交換トークンは交換目的には有効であるが、これらは英国では法定通貨ではないので合法的なお金または通貨と見なすことはできない。現在のところ、交換トークンはFCAの規制範囲には含まれていません。

セキュリティトークンの特性は、株式や債券などの他の金融商品と同等のものです。セキュリティトークンは、政府機関の規制活動規定に従って指定された投資の定義を満たすため、FCAの権限の範囲内になります。セキュリティトークンは安全に譲渡可能な有価証券と見なすことができ、またRAOに基づく特定の投資と見なされるという基準も満たしています。ユーティリティトークン、3番目と最後のカテゴリは、製品またはサービスにアクセスするために使用できますが、それらは証券と同じであると見なすことはできません。 FCAは、これらのトークンが電子マネーと見なされるという基準を満たすまでは、ユーティリティトークンを管理することはできません。

規制当局からのその他の重要な観察結果は、BitcoinやEthereumのようなコインからなるトークンの交換カテゴリは、中央機関がこれらを発行せず、発行者に対するクレームを表すものではないため、電子マネーとして分類できないことを指摘した。一方、安定した硬貨は、その価値が通貨に固定されているため、電子マネーの範疇に入る可能性があります。

Leave a Reply