EthereumおよびdAppプラットフォームの独自の課題を作成している現在の市場

市場キャップの継続的な減少は、暗号投資家や主張者にストレスをもたらしましたが、分散型アプリケーション(dApps)を実行するように設計されたEthereumやその他のプラットフォームにとってもユニークで挑戦的な環境を作り出しています。これらのネットワークは、内部トークンが動作するフレームワークであることを目的としており、ブロックチェーン空間内の重要な基礎的役割を果たします。その意味は、強力な時価総額とその安定性と機能を保証する堅牢な開発者とノードのコミュニティに依存しています。

Ethereumエコシステムが直面している最も重要な問題の1つは、過去2年間に開始されたトークンプロジェクトがすべてEtherとBitcoinによって資金提供されたという事実です。これらのクリプトカルトの価値が劇的に低下したので、これらのチームは資金が不足しています。この問題に加えて、トークン自体が大幅に低価格で取引されているため、開発チームにさらなる財務的負担が生じます。

dAppのエコシステムは、公衆の信頼とスマートな契約やその他の高度なブロックチェーン機能が主流の用途になるという確かな信念に大きく依存しています。ブロックチェインの技術がこの方向に向かっていることはほとんど疑いがありませんが、市場価値が急激に崩壊するという事実は、採用者に大きな懸念を引き起こしました。簡単に言えば、これらのプラットフォームが失敗する可能性が高くなります。これらのプラットフォームは、そのプラットフォームに依存するどの機関にとっても致命的なものになります。

dAppプラットフォームの開発チームは一般に広範な投機に反対していますが、現在はブロックチェーン全体のトランザクションの大部分が取引の結果です。現在の価格低下は、昨年のこの時期より貿易活動が急激に減少していることから、これらの数値に影響を与えている。この事実はdAppトークンの価値の低下に寄与し、Ethereumのようなプラットフォームをさらに弱体化させました。

これらの課題に加えて、現在の市場環境にも潜在的な利点があります。最も重要な点の1つは、質の低いプラットフォームと潜在能力の低いプラットフォームとの間で重要な役割を果たすことができることです。 Ethereumネットワーク上の何百ものトークンの多くが長期的に成功しないことはよく理解されています。現在の環境は必然的に急速に進んでおり、採用にふさわしい人材への投資を増やす道を開いています。

現在の課題にもかかわらず、主要なdAppプラットフォームの開発はオントラックのままであり、開発チームは進捗状況が悪影響を受けるとは指摘していません。これらのチームは現在の価格よりもはるかに進歩と全体的な採用に懸念しているので、この事実は驚くべきことではありません。また、最も開発されたプラットフォームであっても、完成までは至っておらず、この時点までのすべての評価は投機的です。

cryptocurrency市場の大きなボラティリティは、多くのブロックチェーンの主張者に懸念を引き起こしており、dAppプラットフォーム用に作成する問題は注目に値する。長期的な成功には価格の上昇と安定が必要だということは間違いありません。それにもかかわらず、これらの減少は投機家に最も影響を与え、プラットフォームそのものの有用性を損なうものではない。ブロックチェーン技術が主流の用途に移行するという事実はすべて確かであり、Ethereumのようなプラットフォームはすべてをリードしています。

BigStock経由の注目の画像。

Leave a Reply