Crypto Exchange、Coinbase Proが3つの新しいトークンEOS、Augur(REP)、Maker(MKR)のサポートを追加

Coinbase Proは、Bitcoin、Litecoin、Ether、およびBcashの取引をサポートする米国ベースの暗号交換です。 2019年4月8日月曜日に公開された記事によると、交換は3つの新しいトークンのサポートを追加しました。 EOS、Augur(REP)、MakerDAO(MKR)

EOS-

これは暗号EOSによって機械化されたブロックチェーンプロトコルです。分散型オペレーティングシステムとして動作します。

アウグール(REP) –

これはEthereumのトークンです。 Augurのレピュテーショントークン(REP)は、オンライン予測市場でのイベントの結果を報告するために使用されます。報酬は正確かつ適切な予測のために記者に与えられます。

メーカー(MKR) –

Maker(MKR)はEthereumに裏付けされたユーティリティトークンであり、これもガバナンストークンと呼ばれており、メーカーシステムの資金源でもあります。このシステムの主な目的は、他のEthereum(ETH)トークンを管理することです。MKRは、Coin Market Capのリストの19番目に高い暗号通貨です。現在約713.40ドルで取引されています。

発表によると、Coinbase proは取引を円滑にする前に最低12時間、EOS(EOS)、Augur(REP)、Maker(MKR)の両方の振込みと預金を受け付けます。

十分な流動性を獲得した後、取引所は注文帳簿上で取引を確立します。

1。 EOS-USD、EOS-EUR、EOS-BTC(ニューヨークを除くすべてのコインベース対応地域)
2。 REP-USD、REP-EUR、REP-BTC(ニューヨークを除くすべてのコインベース対応地域)
3。 MKR-BTC、MKR-USDC(米国以外のコインベースでサポートされているすべての分野)

同社によれば、このプロセスには4つの段階があります。

最初のステップは、最初の発表から少なくとも12時間は、顧客が新しく起動されたトークンを自分のアカウントに転送することを許可されることです。 2番目の段階では、1分間は一致しない短期間で指値注文を送信することができます。指値注文はマッチングを開始しますが、顧客はさらに10分間マーケット注文を送信できなくなります。最後の段階では、3つの新しいトークンの指値、相場、ストップ注文などの完全な取引サービスを開始します。

ユーザーからの高い需要に応えて、取引所は近い将来にそのような資産のより多くを導入することを計画しています。 Coinbaseは、2月にRipple(XRP)、3月にStellar Lumens(XLM)のサポートを有効にしました。これは、Coinbase.comの小売製品と、iOSおよびAndroid用の取引アプリケーションにすぐに適用されます。

Leave a Reply