Chainalysis、シリーズBの資金調達でさらに600万ドルを調達

暗号通貨の分野での新興企業であるChainalysisは、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)からシリーズBの資金でさらに600万ドルを調達しました。ご存じのとおり、MUFGは日本最大の銀行であり、ベンチャーキャピタル部門、すなわちMUFGのイノベーションパートナーを通じてこの投資を注ぎ込んでいます。この情報は火曜日にChainalysisによって発表された、そして資金調達ラウンドは東京に拠点を置く投資会社であるSozoベンチャーからの参加も目撃した。

この追加投資により、シリーズBのChainalysisへの投資総額は3,600万ドルになりました。今年初めの2月に、同社は初期資金調達ラウンドで3000万ドルを受け取った。当時、投資努力はアクセルパートナーズのベンチャーキャピタル組織によって主導されていました。専門家らは、Chainalysisがアジア太平洋地域での事業拡大を目指していることに同意しており、この新たな資金は、新しいオフィスを開設し、地域に接点を設けることで会社を支援することになるでしょう。同社はすでにここで非常に良いビジネスを展開しており、昨年の16倍の収益を上げたと主張しています。この特定地域では、その事業顧客の数も倍増しています。これは、同社が将来的にも期待している明るい見通しの堅実な指標です。

その拡大計画を明らかにして、Chainalysisはそれがその事業利害関係者との深い関わり合いと協力を提供することによってその操作が昨年の間に生み出した勢いの上に築きたいと言ったと言いました。同社は、MUFGとSozoの両方の専門家の助言と市場の洞察から利益を得ることを期待しています。昨年の4月に、ChainalysisはBenchmark Capital社からシリーズAの資金で約1600万ドルを調達しました。それはそれからChainalysis KYT、リアルタイムで暗号トランザクションの分析を提供することを通して暗号通貨コンプライアンスを達成するために考案されたツールを立ち上げました。

MUFGの社長兼最高経営責任者である鈴木信孝氏は、その機会について話すと、Chainalysisによって発明された暗号通貨コンプライアンスツールは、銀行や金融機関による暗号コンプライアンスの達成という点で重要であると述べた。また、業界で次世代のコンプライアンスフレームワークを設定するのにも役立ちます。

ChainalysisはMt.Goxに関連した破産事件の調査中にその価値が証明されており、そこでは手続き上のコンプライアンスと合併症の解決に決定的に役立っています。最近、同社はFinancial Action Task Force(FATF)の勧告に応えて手紙を書きました。その手紙の中で、同社は、暗号通貨取引所が顧客の取引情報をプラットフォームに送信することを期待することは、暗号業界の成長に資するものではないと意見を述べた。暗号化の見込みを損なうことに加えて、そのような手順は、交換によって負担されるコストを不必要に追加するので、従うことも非現実的である。

Leave a Reply