140社が日本のOpen Cryptocurrency Exchangeのライセンスを申請

日本は暗号にやさしい規制で知られている国であり、その結果、その国のデジタル通貨ビジネスを扱う組織の数はかなり多くなっています。最新の統計によると、この国は暗号の繁栄環境を拡大しています。日本の暗号市場に参入するには、140を超える暗号通貨の交換が必要です。この情報は、日本の金融庁(FSA)によって最近明らかにされました。昨年3月以来、暗号通貨の交換として国内での登録に関する関心/予備調査/または協議を表明した組織の数は140を超え、日本の暗号通貨市場への大きな関心を示しています。世界中からの組織。その数は想像力の広がりによって非常に大きくなり、より広い規模では、組織が日本市場で示した信念とそこでの暗号の明るい未来を示しています。

長く厳格な登録プロセス

FSAは、これまで23件の暗号通貨交換アプリケーションを受け取っていて、適切に精査した結果、そのうちの2つに承認を与えたと述べました。承認を得た企業は、デカレット株式会社と楽天です。これらの組織は両方とも、支払いサービス法の規定に沿った登録プロセスに関するさまざまな手続きをすでに完了しています。 Bitcoin.comと話したところ、FSAの代表は、企業を暗号通貨交換のブローカーとして登録するプロセス全体に6か月かかることを明らかにしました。それ自体が長い期間であることは、FSAの要件が本質的に非常に厳格であり、権限から承認を得るためには多くの準備が必要であることを示しています。ライセンスを取得している組織は、4月の来月から運用を開始できます。ご存じのとおり、ライセンスを取得した組織の1つ、Rakuten WalletはRakuten、Inc.が所有していますが、2番目の組織Decurretは2018年に設立され、Bitcoin、Ethereum、XRPなどのプラットフォームでさまざまな暗号通貨をサポートします。 FSAはまた、暗号通貨交換に関連する他の5つのアプリケーションを精査中であることを明らかにしました。

巨大な可能性

日本では、およそ350万人が暗号通貨で取引を行っていると推定されており、これは企業が同国の暗号通貨交換分野への参入を求める大きな魅力の1つです。反対に、昨年の国での暗号通貨の交換に関連するハッキングの事例が2、3個見られたため、この大きな可能性はシステムに多くのハッカーを引きつけています。これらのハッキング事件の後、規制当局は厳格な措置を講じ、顧客の利益を保護するための改革の鞭打ちをしました。政府機関は、いかなる種類の偽造またはオンラインハッキングの試みに対しても、組織に絶対確実なセキュリティをクライアントに提供することを要求する厳格な規制を思いつきました。これはまた、政府機関が国内の暗号プラットフォームを開設しようとしている新しい暗号通貨取引所にライセンスを許可するまでに長い時間がかかる理由も説明しています。

Leave a Reply