米国頼りは危険。日本が手を組むべきは中国よりインドである理由

インドは、アメリカに並ぶ【最重要国家】

なぜ安倍総理が、インドのモディさんを特別待遇することがすばらしいのか?日本にとってインドはアメリカに並ぶ最重要国家】だからです。なぜ?軍事同盟国アメリカが「最重要国家」であるのは、中学生でもわかります。アメリカとの同盟がなければ、尖閣は、とっくに中国のものになっていたでしょう。沖縄も危険です(中国は、「日本には、沖縄の領有権はない!」と宣言している)。

では、インドは、なぜ最重要国?アメリカは、日本の軍事同盟国ですが、その力は相対的にどんどん弱くなっています。トランプさんのスローガンは、「アメリカを再び偉大に!」でしょう?ということは、トランプさんは、「アメリカは、昔偉大だったけど、今は偉大じゃない」と考えている。確かに、40~50年代とか90年代とかと比べると、アメリカは衰えている。「世界の警察官じゃない!」と自ら宣言するぐらいですから。そうなると、「アメリカ同盟頼りだけだと危険ですね。

もちろん、「自主防衛能力」を向上させていくことが最重要。一方で、他の大国との同盟関係も深めていく必要がある。日本が同盟国に選ぶならインドが最適なのです。なぜ?ライフサイクルを見ると、欧州は成熟期、アメリカも成熟期、中国は成長期の最末期となっている。しかし、インドだけはいまだ成長期の前期にあり、これからもますます成長しつづけていくことが確実。

インドは1947年、イギリスから独立しました。その後、混乱期が長くつづき、この国が成長期に入ったのは1991年でした。この年、インドは「経済社会主義」を捨てて、「自由化」に踏み切った。中国は、トウ小平が「資本主義導入」を決めた1978年から成長期に入った。つまり、インドが成長期に入ったのは、中国より13年遅かったことになります。

インドのGDPは2016年、2兆2,564億ドルで、世界7位。しかし、1人当たりGDPは同年、1,723ドルで、世界144位という低さ。常識的に考えると、インドはまだまだ成長期前期」にいることがわかります。この国の1人当たりGDPが、(それでも貧しい)いまの中国並みまで増加したと仮定します。すると、インドのGDPは、約9兆ドルになり、日本を軽く超えてしまいます。そして、インドの人口は、日本の約10倍、12億1,000万人ですから、同国のGDPが将来日本を超えることは必然」なのです。

将来、インドは、中国に並ぶ大国になるでしょう。ですから、日本は未来を見据えインドとの関係を強化していく必要があります。

というわけで、アメリカとインドが日本の最重要国家です。安倍総理は、「大戦略観」をもって、インドとの関係強化に取り組んでおられる。実にすばらしいことです。

image by: 首相官邸


MAG2 NEWS



Source link

Leave a Reply