暗号通貨ロンダリング事件が日本で発生7000人以上が2018年に報告

日本は暗号通貨の人気が非常に高い主要国の一つです。人々は、購入、金融取引の実行、またはデジタル資産への投資にデジタル通貨を使用します。日本はまた、暗号通貨を規制するための適切な法的枠組みを整備しており、この事実は暗号業界を支持するように働きました。しかし、暗号通貨の広範な採用は、日本が暗号濫用の大きな脅威に直面していることを意味します。これは、国家警察庁(NPA)による啓示にかなり適切に反映されています。 NPAは最近2018年に日本の警察が暗号通貨に関連するマネーロンダリング事件の7000以上の苦情を受けたことを明らかにしました。その数は驚くほど高く、2017年4月から12月の間に警察によって登録された669件から10倍に急増しました。ご存知のとおり、日本政府はすでに領土内のすべての暗号取引所に対して疑わしい報告を義務付けていますマネーロンダリングやその他の犯罪行為につながる可能性のある取引。暗号通貨は簡単に転送でき、匿名性もあるため、警察は、薬物取引、児童ポルノ、その他の関連犯罪の多くのケースが暗号通貨によって賄われていることを確認しました。

苦情の性質

警察が受け取った合計7,096件の苦情のうち、多くの場合、異なる名前と生年月日を使用したが、同じ写真IDを使用して取引を行ったユーザーに関するものです。日本国内で住所を登録したにもかかわらず、海外からアカウントにログインしている人もいます。日本の警察は、2018年に、金融取引の不規則性に関連して合計417,465のケースが警察に報告されたと言いました。これと比較して、2017年は17,422件のそのような事件の受信を目撃し、数字は金融業界が目撃した詐欺の急増を意味しています。この数字をさらに破り、警察は、417,465件のうち346,014件が銀行および金融機関によって報告されている一方、15,114件がさまざまなクレジットカード発行会社によって登録されていると主張している。 NPAは、8,259件の事件について調査機関に重要な情報を提供し、その結果、2018年に警察は1,124件の詐欺事件をうまく処理しました。昨年、NPAは1,096件の事件に関する情報を警察に提供しました。

長期戦略

より広い範囲で、NPAは、データ分析の分野で、疑わしい取引とそのパターンを正確に追跡する能力を構築することを含む長期計画を概念化しています。当局はまた、マネーロンダリングや麻薬取引に関連する金融取引中に通常行われる手口を特定するために人工知能(AI)を使用することも計画しています。これは、日本が暗号通貨とデジタル資産に関連する多くの強盗を目の当たりにしていることを背景にしています。暗号窃盗の最大の事件の1つでは、日本の暗号通貨の交換が行われました。現在廃止されているGoxは、2014年に4億3,300万ドル(480億円)以上を失いました。この事件では、日本の金融サービス庁は国内で運営されているすべての暗号取引所の包括的な分析を行い、6つの取引所に、全体的な安全とセキュリティのメカニズムの改善に加えてマネーロンダリング事件をチェックする厳格な措置を講じるよう求めた。

Leave a Reply