勤務時間外のメールは無視OK。欧米で拡大する、つながらない権利

休日も心が仕事から解放されない緊張状態はテレプレッシャー(telepressure)」と呼ばれ、「部下は上司に即レスすべし」「従業員は顧客に即レスすべし」「深夜や休日にレスしない社員=ダメな社員」といった暗黙のルールが存在する企業に勤める人ほど、テレプレッシャーは高まります。

ノーザンイリノイ大学のラリサ・K・バーバー博士らの調査では、強いテレプレッシャーを感じている労働者の睡眠の質は低く、「仕事に行こうという気にならない」「自分は電池切れのように感じる」「集中できない」といった傾向が強い。

また、バージニア工科大の研究チームの調査では、父親が高いテレプレッシャーを感じていると、家族の幸福感が低下することもわかりました。

ただでさえ、現代の仕事は精神的緊張を強いられがち。職場ではひたすらパソコンの画面を見つめ、時間的なプレッシャーに晒され無駄話もせず、黙々と仕事する。…プレッシャーだらけの24時間を強いられているのが現代の労働者なのです。

精神的緊張で疲弊した心が元気を取り戻すには、十分な睡眠に加え、家族や友人とおしゃべりを楽しんだり、美味しいものを食べたり映画やテレビをボ~ッとみたり、趣味に没頭したり…といった時間が必要不可欠。

たかがメール。されどメール。

せめて週末だけでもデジタルデトックス」をやってみてください。

週明けにメールをたちあげたときに、なだれ込む何百通ものメールにうんざりするかもしれませんが…、それでもせめて「つながらない権利」を。是非!

image by: Shutterstock.com


MAG2 NEWS



Source link

Leave a Reply