元帳、非接触型ハードウェア暗号ウォレットを発表

暗号通貨会社Ledgerは、暗号通貨を管理するための新しいBluetoothベースのハードウェアウォレットを発表しました。フランスの新興企業は、Nano Xをラスベガスで開催されたCES 2019のBluetooth対応ウォレットで発表し、ユーザーは自分の電話機からトークンを送受信できるようになりました。以前は、何らかの操作を実行するためにマイクロUSBケーブルを使用してキーをコンピュータに接続する必要がありました。 Bluetoothベースの財布は、すべてのものをより手間のかからなく、そして便利にします。

Ledgerはまた、1月28日に「Ledger Live」と呼ばれるモバイルアプリを立ち上げる計画を発表した。ユーザーは自分のデスクトップアプリと同じように自分の取引を管理し、モバイルアプリの残高を確認することができる。また、同じアプリを使って新しいアプリをインストールすることもできます。元帳はこれまでのところ報告書によると150万台の元帳ナノSを販売しています。企業がNano Xと連携するモバイルアプリを構築できるようになることもほのめかしています。

伝えられるところによれば、ナノXは100の暗号資産を保存する能力を持つでしょう。 Nano Sは約18の暗号通貨のみをサポートしていました。 Nano Xもスクリーンに関してNano Sと比べて少し大きいですが、他の点では後者のように見えます。

以前の元帳デバイスの技術に従って、秘密鍵が元帳ウォレットから出ることはありません。これにより、セキュリティが確保され、ハッカーがコンピュータやスマートフォンを手に入れたとしても暗号資産を手に入れることができなくなります。

元帳は、セキュリティを重視した主要なハードウェア財布サプライヤの1つです。 2017年には100万以上のハードウェア暗号財布を販売し、2900万ドルの利益を上げました。 2017年後半に、Nano Sは、TrezorやKeepKeyなどの主要な競合企業に勝って、コンピュータおよびアクセサリ部門のAmazonのベストセラーリストのトップ10に入りました。 Pedal Gauthierの元総裁は2018年初頭に「暗号スタートアップとの商業契約にも署名する産業パートナー」を引き付けるという彼らの計画を明らかにしました。ベンチャー部門のGVとSiemensは、評価額が最高10億ドルに達した。

2018年10月に、ソニーはUSBの必要性を排除して、非接触暗号通貨財布も発表しました。 「さらに、信頼性の高い改ざん防止モジュールを使用して秘密鍵を安全に生成し、ICカード内に格納することが可能です」とソニー当局はプレスリリースで述べた。 「これは、複数のアプリケーションが可能なインフラストラクチャテクノロジです」と述べています。

Leave a Reply