償還を求めて日本の暗号交換

日本のコイン通貨交換がコイン業界の歴史の中で最悪のハッキング事件の1つを経験してから1年が経ちました。衝撃を取り戻そうとしている今、取引所はその評判を再構築し、顧客の信頼を得ることに焦点を合わせています。交換の創設者である和田光一郎は、交換が過去の間違いから学んだことを顧客に保証するために組織された記者会見に出席しました。興味深いことに、和田はその話をした人ではなく、昨年4月に日本の金融サービス業界で有名なコングロマリットであるマネックスグループがコインチェックを獲得した後、交換の新しい会長である勝谷敏彦のそばに座った。

メディアに言及して、勝谷氏は、20年間の証券事業におけるマネックスの豊富な遺産と経験が、同社がコインチェックレベルを新たな高みに引き上げることを可能にしたと述べた。しかし、同社が昨年4月から12月にかけて1000万ドルの損失を計上したため、マネックスグループの暗号セグメントはそれ自体が問題を抱えている。マネックスは、問題のある暗号交換を取得し、今ではビットコインやその他の暗号通貨価格の下落に直面して事業を維持することが困難であるという事業戦略に従った。

投資家の信頼を取り戻すための戦略

投資家の信頼を取り戻すための効果的な方法の1つは、マネックスが行ったのと同じように、取引所の創設者をプロの管理者に置き換えることです。同じ道をたどって、日本最大の暗号通貨取引所の1つは最近、日本の金融業界でカルト的な地位を享受している銀行のベテランである平子義雄に代わって、創業者の狩野裕三を置き換えました。この取引所を運営するbitFlyer Holdingsは、この交換を通じて「経営構造の強化とコーポレートガバナンスの構築」を望んでいることを強調しました。同様に、昨年11月に金融情報サービスプロバイダーであるフィスコが取引を引き継いだ後、ザイフ暗号通貨取引所の創設者である浅山孝雄氏は、もはや同社の問題を抱えていない。

ハッキング事件と産業シナリオ

日本のトレーダーは利回りに飢えていることで知られており、国自体が暗号取引の魅力的な目的地と見なされています。しかし、ビットコインの価値が下落した多くの理由によって、日本がハッキング事件の影響を最も受けていることも事実です。最悪の事件の1つは、昨年のコインチェックによる580億円の投資家による暗号通貨の盗難で、日本の政府機関の金融機関は新しい暗号交換の承認を一時停止することを余儀なくされた。当局はまた、既存の取引所に罰金を科したため、その取引およびマーケティング活動に深刻な影響を与えました。しかし、これらすべての規制措置にもかかわらず、日本は昨年9月にザイフから67億円相当の窃盗を目撃した。

厳しい基準

ハッキングの後、厳しい規制が施行され、多くの有名な金融テクノロジー企業が問題のある暗号通貨の交換を取得するための厳格な基準を採用しました。 FiscoとMonexと共に、Rakuten(eコマースの巨人)とYahoo Japan(オンラインメディア会社)も、意識的で警戒的で段階的な方法ではあるが、暗号ビジネスで急落している。業界アナリストは、暗号業界への企業の流入が大きいことが業界の長期的な利益になると考えています。これは投資家の信頼を再構築し、業界がデジタル資産の安全性とセキュリティを強化するための革新を採用するのを助けます。より大きな観点では、これらの買収は、企業が暗号化業界の見通しについて依然として明るい状況にあるにもかかわらず、現在1年以上もの間続いている暗号化の弱気相にもかかわらず、依然として明るいことを示しています。 jpbitcoin.comによると、昨年12月の時点で、国内の10か所の取引所が7,310億円相当のBitcoinを取引していたが、これは前年同期の取引所の取引額の90%減である。 それにもかかわらず、日本の暗号産業の厳格な精査は、デジタル通貨とブロックチェーン技術の概念を巡ってやろうとしている他のアジア諸国のためのロールモデルとして機能することができます。

マイナス面 プロフェッショナルマネジメントの

暗号通貨の交換を管理するための専門的な管理者の影響力の高まりは、その欠点がないわけではありません。専門家達は、この経営上の優位性がすでにスタートアップ文化の欠如に苦しんでいる国の起業家精神を鎮圧したと信じています。これらの規制の背後にある本当の動機は、暗号業界に対する政治的支配を確立することであるという見方の見方もあります。多くの幹部は、米国と中国のビジネス環境は日本が提供しているものよりはるかに暗号産業にとって有益であると信じています。それでも、多くの独立系暗号交換会社は、厳格な規制を事業拡大の機会と捉えています。例えば、証券会社や大手銀行が業界に参入するのを妨げる規制の枠組みを厳しくすることに満足しているBitpoint Japan暗号通貨交換の社長、Genki Oda氏のコメントをご覧ください。これは、今度は、競合他社の数を最小限に抑えるのに役立ち、業界の既存のプレーヤーにとっては有利になります。小田氏は、ハッキング事件の後に取引所の売却の申し出をいくつか受けていたことを明らかにしたが、暗号通貨とブロックチェーン技術の長期的な可能性を考慮して、ビジネスに追いつくことにしました。

Leave a Reply