ブロックチェーン採用によるエネルギーセクターの革命

ブロックチェーン技術の採用は本格的です。業務効率を高め、製品やサービスに対する顧客の信頼を高めるために、さまざまな業界の組織がブロックチェーンを選択しています。サプライチェーン、物流業界、金融技術のいずれの分野であっても、ブロックチェーンの動きは企業の収益を後押しすることに驚きをもたらしました。そうは言っても、いくつかの産業部門はいまだにブロックチェーンの採用の見通しを曖昧にしており、その中でもエネルギーおよび電力部門が際立って考えられています。

ブロックチェーンとエネルギーセクター

ブロックチェーンの採用範囲とそのエネルギー分野への潜在的な利点は非常に大きいです。特に、誰もが取引記録にアクセスできるオープン元帳テクノロジの機能は、エネルギーおよび電力部門にとって非常に有益です。再生可能エネルギー資源とその配給におけるその応用は非常に重要です。ブロックチェーンの適用は確かに手動の契約プロセスを時代遅れにします、そしてそれは順番に、効率を高め、異なる当事者間で関わる取引のコストと時間を減らすことによって助けになるでしょう。

専門家らは、ブロックチェーンの採用は、「マイクロジェネレーション」(小規模なエネルギー生産者を定義するために使用される用語)の場合に特に有益であると考えています。例えば、誰かがその時に必要とされるよりも多くの電力を生み出しているならば、彼/彼女は彼らの隣人や他の恵まれない人々に簡単に過剰なエネルギーを売ることができます。この種の取り決めでは、ブロックチェーン技術はトレーサブルであり、いかなる取引先からのいかなる物理的介入も必要としないデジタル契約を提供することによって助けになるだろう。従来の契約で必要とされていた物理的な文書化に反対して、ブロックチェーンは文書化と契約の署名の簡単で便利な方法を提供します。

需要主導型シナリオ

ブロックチェーン技術を使用することによって、電気を購入しても構わないと思っている人は、価格を特定の値に設定できます。従来の契約で行われる手動の多忙な交渉は必要ないので、プロセスは単純かつ複雑になりません。売り手がその価格で売る準備ができているならば、取引は起こります。そうでなければ、買い手は電気のための従来のグリッドを選ぶことができます。将来的には、このブロックチェーンの採用により、現在使用されている発電面とその配電方法が劇的に変わる可能性があります。要するに、私たちは、電力およびエネルギー部門のシステム全体が将来需要主導型システムになるという状況に向かっているのかもしれません。

はい、このブロックチェーンベースのプロセスを実行するためのヒューマンマシンインターフェース(HMI)に関する追加の要件があります。HMIの概念は現在のところあまり普及していませんが、需要が高まった時点で同意することになります。企業が適切なHMIを用意するのは困難ではありません。ブロックチェーン採用の最大の可能性は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー資源の場合です。これらの資源は本質的に非常に不安定で、電力網、水力発電などの従来の対応物ほど恒久的ではありません。

実世界の例

ヨーロッパの多くの国では、再生可能エネルギー分野でブロックチェーンをすでに使用し始めています。生産者と地域住民との間の再生可能エネルギーの交換を促進したスイスを拠点とするElbloxプロジェクトの例を見てください。過剰なエネルギーを保有している機関は、プラットフォームを使用して、いかなる種類の物理的文書もなく、特定の価格で電力を消費者に販売することができます。ブロックチェーンを使用して契約を作成するためのプラットフォーム。これにより、プロセスに関与するすべての関係者へのアクセスが保証されるように、分散方式で実装されます。この傾向が世界の他の国々にも当てはまるならば、従来のエネルギーグリッドは、やがて過去のものになる可能性があります。

Leave a Reply