ビットコインが7000ドル突破。 2018年9月から最高値を登録

Bitstampのデータによると、2018年9月以来の最高値を記録したBitcoinは、7,785ドルを突破し、ついに7,000ドルまで落ち込んだ。 Bitcoinの値が上がったことで、市場の回復が今後も続くことを願っている投資家たちを魅了しました。米中貿易戦争で懸念が高まっているにもかかわらず、Bitcoinは時価総額で最大のデジタルコインとして非常に好意的な地位を築いてきました。多くの市場専門家はまた、市場全体のセンチメントは強気であり、短期から中期的なシナリオで上昇し続けるという見通しです。そのような予測の1つは、Luno暗号通貨組織の最高経営責任者、マーカス・スワンポール氏からのもので、Bitcoinを含む暗号通貨市場の見通しは引き続き強気であると述べています。

市場は今Bitcoinのための8000ドルの目標に目を向けました、しかし専門家はBitcoinの次の価格変動が中国とアメリカの貿易関係の間の情勢に依存するであろうと警告します。今までのところ、Bitcoinは貿易戦争の影響を受ける兆候を示していませんが、それは将来同じことが当てはまるという意味ではありません。米国と中国の間の緊張の高まりは、潜在的に暗号通貨市場に大きな影響を与える可能性があります。貿易戦争の激しさがさらに増すと、投資家はBitcoinを含むデジタル通貨を自分たちのお金を駐車するための魅力的な目的地として見つけるかもしれず、それは全体の暗号通貨市場に良い兆候をもたらす可能性があります。

Ethereum Rise

Bitcoinだけでなく、時価総額で2番目に大きい暗号通貨Ethereumは、ビジネス環境における乱流の強化という利点ももたらしています。硬貨は健全な上昇を記録し、先週、最終的に188ドルの水準まで下落する前に約204ドルに触れました。

乱流の経済環境

ほとんどのアナリストは、暗号通貨市場の成長を、世界中の経済環境における継続的な激動の状況に結びつけています。石油、金などの他のすべての資産クラスが激しいプレッシャーを感じているため、暗号通貨は投資家にとって人気のある目的地の1つとして浮上しており、これは暗号セクターで成長が展開している方法で明らかです。混乱する経済環境に加えて、暗号投資家はまた、一般市民と企業の両方で、デジタルコインの採用が増加していることに前向きです。 Facebook、Samsung、IBM、Microsoftなどの大手企業がデジタルコインとブロックチェーンテクノロジに参入しているため、暗号業界の信頼性は投資家の間で非常に強くなっています。特に、金融技術やサプライチェーン分野での暗号通貨とブロックチェーン技術の使用は、暗号の採用に不思議をもたらしています。前者は、これらのテクノロジを使用することでトランザクション処理を高速化するのに役立ちますが、後者は、ブロックチェーンテクノロジの安全で確実な追跡能力から恩恵を受けています。さらに、多くの国では暗号化に対応した規制にも対応しているため、取引や取引通貨の合法的なステータスが提供され、デジタルコインの採用がさらに拡大しています。

Leave a Reply