エネルギー省、ブロックチェーンを含む研究技術分野に480万ドルを割り当てる

米国エネルギー省は、ブロックチェーン技術を応用した化石発電用のサイバーセキュリティセンサーを含む4つの特定分野への研究開発のための480万ドルの割り当てを発表しました。この資金の背後にある全体のアイデアは、化石エネルギーの分野で科学技術の専門家の次のラインを準備することです。局によると、これは化石エネルギーの生成に関連するカーボンフットプリントと全体的なコストを削減するのに役立ちます。昨年7月のようにエネルギー省がブロックチェーン技術に投資したのは今回が初めてではありません。それは、ブロックチェーン技術に基づいてスタートアップGrid7を開発することを提案したコロラドを含む様々な州に9,500万ドルを与えました。

ブロックチェーンとエネルギーセクター

資金調達の発表では、ブロックチェーン技術とエネルギー部門の全体的な可能性を向上させるその能力について言及しています。局はブロックチェーンとピアツーピアプロトコルの使用が途切れのない発電のためのセンサーの分散ネットワーク内のシームレスな情報の流れを促進することに加えて安全な信号を確実にするのを助けることができると特に述べました。

エネルギー省は、それが前述の資金を配分するために最大12のプロジェクトの選択を予想していると言いました。世界最大の再生可能エネルギー事業者の1つともされているスペインを拠点とする再生可能エネルギー企業であるAcciona Energiaはすべて、発電を追跡するためにブロックチェーン技術を使用するように設定されています。韓国政府はまた、昨年12月に、韓国で2番目に人口の多い都市、釜山にブロックチェーン技術に基づく仮想発電所を設立するために350万ドルを投資すると発表した。この発電所は、発電に関わるさまざまなエネルギー源のアイドル時の運転時間を統合することによって発電を最適化することを目的として開発されています。

Leave a Reply