アジア太平洋地域、2022年までにブロックチェーンに24億ドルを投入

International Data Corporation(IDC)の最新の予測では、アジア太平洋地域におけるブロックチェーンとその関連ソリューションの総支出額は、2019年には約5億2,280万ドルに達すると予測されていました。 2億8,480万ドルで、この比較では、前年同期比で83.9%の増加となりました。注目すべき点は、この数字には、暗号通貨と世界でブロックチェーンが採用されている主要国の1つと見なされている日本の貢献が含まれていないことです。同機関はまた、アジア太平洋地域における総ブロックチェーン支出は、2018年から2022年の間の年間成長率(5年間)の77.5%で成長し、2022年までに24億ドルに達すると予測している。

この点に関してさらに詳しい情報を提供し、IDCの顧客洞察と分析の部門で上級研究マネージャの地位を率いているAshutosh Bishtは、ブロックチェーン技術はネットワークの完全性、高い安全性とセキュリティを含む7つの原則に基づいていると述べた。データとユーザーのプライバシー、そしてとりわけインセンティブの価値。ブロックチェーンの適用を構想してから実際の開発に至るまでの時間が経つにつれてテクノロジが長年にわたって成熟するにつれて、より多くの業界がブロックチェーンを採用しています。実際、ブロックチェーンは、特に金融分野で感染ポイントに達しており、これがテクノロジへの総支出の約半分を占めています。

金融部門の観点からは、IDCは今年のブロックチェーンへの支出総額が約2億4,980万ドルになると見込んでおり、その総額は主に銀行、金融機関、投資会社、金融技術の新興企業、および保険業界によってもたらされるでしょう。製造業と小売業からの貢献も顕著になり、それぞれ約9,500万ドルと約9,600万ドルに留まると推定されています。ただし、2018年から2022年までのブロックチェーン支出で、5年間で最速のCAGRをそれぞれ99.6%と83%で達成できるのは、インフラストラクチャとサービス/流通部門です。

貿易決済/金融およびクロスボーダー取引は、ブロックチェーンの2つの最もよく使われるケースで、2019年にそれぞれ最大8210万ドルと7900万ドルのチューニングまで最大の投資を呼び込みます。ここでも、金融部門が引き続きブロックチェーン技術の主要なユーザーであるため、銀行部門が主導権を握りながら、これら両方のブロックチェーンのケースに投資します。全体として、ビジネスおよびITサービスは2019年の総ブロックチェーン支出の約71.1%を占めるでしょう。

地域固有のデータに関して、IDCはブロックチェーンの支出におけるさまざまな地域からの貢献を示すリストを作成しました。日本を除くアジア太平洋地域は全体の支出(18.4%)がブロックチェーンで第3位にランクされ、米国(37.6%)と西ヨーロッパ(23.7%)がそれぞれリストの1位と2位を占めています。

Leave a Reply