Home

Market

Coins

勤務時間外のメールは無視OK。欧米で拡大する、つながらない権利

ネット環境やスマホなどの通信手段の発達で、ある意味いつでも「囚われの身」状態にある私たち現代人。仕事上のメールには即レスに近いものを求められるなど、非常にストレスフルでもあります。健康社会学者の河合薫さんは、自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、欧米で広がりを見せる「つながらない権利」を紹介するとともに、「週末だけでもデジタルデトックスを」と呼びかけています。 求む!「つながらない権利」 「勤務時間外のメールは無視してオッケー!」――。そんな夢のようなルールが海の向こう、ニューヨーク市議会で検討中との報道がありました。 条例案では、企業(従業員10人以上)に「時間外のメールに返信する必要がない」などのルールの明文化を義務付け、返信しないことによる懲罰的な扱いも禁止。企業が違反した場合は、罰金も科すなど、徹底的に働く人たちの「つながらない権利=right to disconnect)」を保障する内容になっています。 今回のムーブメントは欧州に追従するもので、既に1年前にフランスやイタリアでは法律が成立。自主的に規制する企業もあり、ドイツのダイムラー社では、休暇中の社員あてのメールが自動的に消去される仕組みを導入し、メールの送信者は、社員の休暇終了後に再送するか、緊急の場合は同僚にメールを転送するかしなくてはならないそうです。 …うらやましい。マジ、うらやましいです。 日本も「こういうのを働き方改革で検討してよ!」と、私の脳内の突っ込み隊は大騒ぎです。 今の政府が取り組んでいるのは「働き方改革」ならぬ「働かせ方改革」。働く人たちの健康など眼中にないのでは?と文句の一つや二つ言いたくなるものばかりです。 真の働き方改革、というのは、それまで見過ごされていたこと、仕方がないとされていたことを「みんなの問題」として考え、解決しようと努力することなんじゃないか、と。 かくされてきた悲鳴を掘り起こし、「今まで当たり前」だったことを「本当に当たり前なのか?」「本当に必要なのか」と考えてみる。 「つながらない権利」は、まさにそれ。時間外まで追いかけ回し、「今、この時間に解決しなければならない問題」など、そんなにあるわけないのです。 おそらくお偉い人たちは「たかがメールだろ?」と口を尖らせているかもしれませんが、メールに四六時中拘束される状態は、働く人だけではなく、家族関係にも悪影響を及ぼす可能性がある、極めて悪質なストレッサー(ストレスの原因)です。 休日も心が仕事から解放されない緊張状態は「テレプレッシャー(telepressure)」と呼ばれ、「部下は上司に即レスすべし」「従業員は顧客に即レスすべし」「深夜や休日にレスしない社員=ダメな社員」といった暗黙のルールが存在する企業に勤める人ほど、テレプレッシャーは高まります。 ノーザンイリノイ大学のラリサ・K・バーバー博士らの調査では、強いテレプレッシャーを感じている労働者の睡眠の質は低く、「仕事に行こうという気にならない」「自分は電池切れのように感じる」「集中できない」といった傾向が強い。 また、バージニア工科大の研究チームの調査では、父親が高いテレプレッシャーを感じていると、家族の幸福感が低下することもわかりました。 ただでさえ、現代の仕事は精神的緊張を強いられがち。職場ではひたすらパソコンの画面を見つめ、時間的なプレッシャーに晒され無駄話もせず、黙々と仕事する。…プレッシャーだらけの24時間を強いられているのが、現代の労働者なのです。 精神的緊張で疲弊した心が元気を取り戻すには、十分な睡眠に加え、家族や友人とおしゃべりを楽しんだり、美味しいものを食べたり映画やテレビをボ~ッとみたり、趣味に没頭したり…といった時間が必要不可欠。 たかがメール。されどメール。 せめて週末だけでも「デジタルデトックス」をやってみてください。 週明けにメールをたちあげたときに、なだれ込む何百通ものメールにうんざりするかもしれませんが…、それでもせめて「つながらない権利」を。是非! image by: Shutterstock.com MAG2 NEWS Source link

レガシー金融機関はブロックチェーンの採用をまき散らしており、重要性が高まっていることを示しています

ほとんどの暗号アナリストは、ブロックチェーン技術の主流の採用が順調に進んでいることに同意しています。多くのプラットフォームの価格回復は、この事実の明らかな証拠ですが、別の兆候は、銀行、投資グループ、分析会社など、さまざまな従来の金融機関によるブロックチェーンのエキスパートの採用を急ぐことです。ブロックチェーンのスキルに対する要求は、これらの機関の間で明らかに熱くなっており、それらが世界の経済状況の恒久的な部分としてその技術を受け入れるようになったことを確認しています。 ブロックチェーンのスペシャリストを最も積極的に採用しているのは、PricewaterhouseCoopers(PwC)やErnst&Youngなどのプロフェッショナルサービス会社です。たとえば、Indeed.comやMonster.comなどの求人サイトを検索したところ、ブロックチェーンのエキスパートには何十もの求人があります。これらの企業はまた、広範囲のブロックチェーンサービスを宣伝しており、分散型元帳のコンサルティングおよび開発を中心としたまったく新しいビジネスモデルを構築していることを示しています。デロイトとアクセンチュアはこの道をたどっている類似の会社です。 大手銀行は分散型暗号通貨の最も批判的な批評家のうちの1人ですが、かなりの数のブロックチェーンの専門家を雇おうとしています。そのような銀行の1つがキャピタルワンで、ブロックチェーンのスキルを持つソフトウェアエンジニアのために30以上の求人があります。 JPモルガン・チェースおよびシティグループでも、数多くのブロックチェーンの求人があります。 分散元帳テクノロジの専門家を雇うことへの急いでも、グローバルビジネス部門の広い範囲にわたってブロックチェーンアプリケーションの多様性の拡大を反映しています。 General Electric、Facebook、Fordなどの企業はすべて、この分野のスペシャリストを求めています。政府、公益事業者、そして大学からも途方もない要求があります。 以前に報告されたように、仕事に対するこの需要は必要なスキルを持つ人々のために印象的な給料をもたらしました。ブロックチェーンワーカーは、他のコンピュータプログラマーよりもかなり多くの収入を得ています。また、仕事の場所と利点に関して、はるかに多くの選択肢があります。さらに、ブロックチェーンスペースが拡大するにつれて、この分野に参入する人々は今や確固たる進歩の機会を得るでしょう。 特に興味深いのは、ほとんどのブロックチェーンの求人が現在米国で開かれているという事実ですが、今後数年間で他の国でも多くの求人が開かれる可能性があります。テクノロジーに関連した数千もの高賃金の仕事は、政府がブロックチェーン革命を受け入れるという強い動機となるべきであり、今後の規制において役割を果たすことは間違いありません。 無数の公共部門および民間部門が分散元帳システムに関与するようになっているため、ブロックチェーンの分野における開発の著しいペースは加速しています。このように、レガシー機関が有能な人材を求めるにつれて、雇用機会は多様化しています。これらの動きは、ブロックチェーンプラットフォームが現在恒久的であり、すぐにグローバル情報管理の確立されたコンポーネントになることを示しています。 BigStock via注目の画像。 ...

ビットコイン批評家は、市場回復の兆候としてより声高になっています

ビットコインの将来について、暗号支持者の間でこれまで以上に議論があります。主要なブロックチェーン資産としての将来は安全であると主張する人もいれば、より良く設計されたアルトコインによって最終的にトップステータスを失うと主張する人もいます。市場の回復が進行しているように見える今、批評家はビットコインの時代が数えられていると主張することでより声高になっています。これらの否定論者が正しいかどうかに関係なく、彼らは影響力があり、彼らの意見は暗号通貨革命にユニークな視点を加えています。 Bitcoinが認識している技術的な制限についての最近の批判に不足はありません。たとえば、ハンガリーの4人のコンピューター科学者は、ビットコインのライトニングネットワークの暗号経済分析を公開しました。彼らの研究によると、結果は良くありません。チームは、Lightning Networkがノード操作を経済的に実行可能にするのに十分な収入を生み出さず、適切なプライバシーも提供しないと結論付けています。 ビットコインの大量のエネルギー使用、ますます中央集権化されたマイニングプール、スマートコントラクトなどの高度な機能の欠如は、常に暗号の支持者による論争の的となっています。ブロックチェーンが周辺技術としての地位から浮上している今、これらの問題ははるかに重要です。したがって、皮肉屋がより率直になっていることは驚くことではありません。結局のところ、2017年のブルランでは、ビットコインの欠点が全面的に明らかになり、市場シェアが低下しました。今年を示すすべての兆候が採用の大きな転換点であるため、ビットコインは大量使用の準備ができていることを証明する必要があります。 技術分野以外では、ビットコインは政治家や経済学者からますます攻撃を受けています。ユーロパシフィックキャピタルのCEOであり、長年ビットコインを嫌っていたピーターシフは現在、暗号に関する軽par的な発言を頻繁にツイートしています。より頻繁に表示されます。 ビットコインには非常に顕著な欠点がありますが、残念ながら、正当な批判と利己的な誤った情報を区別することは困難です。ニュースやソーシャルメディアは、事実よりもプロパガンダの普及に関心があるこの問題のあらゆる側面の支持者であふれています。このような環境は、新規参入者を混乱させ、ブロックチェーンスペース全体を破壊します。願わくば、養子縁組が成長するにつれて、この種の部族主義が終了することを願っています。 批評家の議論にもかかわらず、ビットコインはその歴史の大部分にとって驚くべき投資であることが証明されていることは注目に値します。 2009年のリリース以来、現在の約8,000米ドルの価格に対して約8か月しかかかっていません。残りの時間では、購入と保有は有益でした。 次の12か月はブロックチェーンの分野で最も生産性の高いものになると約束されており、ビットコインは大きな競争と課題に直面することは確実です。したがって、懐疑論者が声を出し続けると仮定することは合理的です。それにもかかわらず、フラグシップの暗号通貨には、弾力性の一貫した実績があります。今後、将来の可能性を評価し、予測しようとする場合、バランスの取れたアプローチが明らかに必要です。 BigStock経由の主な画像。 ...

NEWS

PundiXによるHorizo​​nの新しいブロックチェーンフォン「BOB」

XBlockchain Bali 2018カンファレンスのフロアで最初に見られてから2年後、PundiXが作成した「BOB」つまりBlok電話のBlokの新しいバージョンが発表され、CES 2020で発表され、最終的にカンファレンス主催者によるイノベーション報酬を獲得しました。 暗号通貨エコシステムでよく知られているPundiXは、2018年のICOトークン販売で突破し、3500万ドルを集めました。彼らは商人や暗号ユーザー向けのさまざまなソリューションを作成しており、現在、このブロックチェーン電話での作業を見せています。 現在、Indiegogoを通じて先行販売中であり、2020年半ばに最初の携帯電話を支援者に提供する予定です。先行予約価格に関しては、BOBはSirin LabのFinneyと比較して手頃な価格になり、さらにブロックチェーン用に設計されたOSを実際にホストするようです。 会社によると、「BOBでは、誰もあなたの通話、メッセージ、またはデータをブロック、監視、またはスパイすることはできません。」他のソースは、会社のCEOがVOIP(voice over IP) VoIP通話が無効になっているドバイ。...

ADANと呼ばれる新しい欧州ブロックチェーン協会

「アクティフ・ヌメリクの開発協会」 (ADAN)は、フランスとヨーロッパの当局の前にブロックチェーン業界を代表する協会です。 「デジタル資産開発協会」は、2020年1月14日に、ADANの公式Webサイトのプレスリリースを通じて発表されました。 その役割は、プレーヤーを集め、彼らの進歩と発展に貢献することにより、欧州当局のブロックチェーン業界を代表することです。業界固有のトピックに関する立場を取り、会議を通じてすべてのメンバーに同行し、サポートプログラムを通じて相乗効果を促進する。法律専門家のサイモン・ポロットは協会の会長であり、協会の最初のメンバーは次の11のブロックチェーン企業です。 アークエコシステム、 ブロックチェーンパートナー、 コインハウス、 コインハウス管理サービス、 ConsenSys France、 iExec、 カイコ、 元帳、 LGO Markets、 Nomadic Labs、 ワートン 欧州のブロックチェーン業界の経験と知識に応じて、これらの企業とその製品およびサービスを認識しています。 ADANは、欧州市場でのブロックチェーンのイノベーションの増加につながることを期待する公開討論をリードしたいと考えています。 協会は、ブロックチェーンとデジタル資産、つまり暗号通貨に至ると、ヨーロッパ全体が他の世界に遅れをとっていると感じています。プレスリリースによると、協会の作業には、昨年5月にフランスで制定された人権法PACTEに基づくデジタル資産サービスプロバイダーの監督の確立が含まれます。 また、既存の業界ソリューションに関する認識を高め、法務および税務政府の改善を推進し、欧州ベースでありながら国際的なブロックチェーン業界の発展を支援する措置について、公的機関に認識と支援を提供します。 それは公式です! #ARK...

Press Release

Clayton Thorson Authentic Jersey