Home

Market

Coins

BitFunder Founder Pleads Guilty to Charges of Fraud and Obstruction of Justice

The operator of now defunct Bitcoin (BTC) stock trade BitFunder has pleaded responsible to federal fees of obstruction of justice and securities fraud, Reuters...

Bitcoin Gold Price Technical Analysis – BTG/USD Bears in Control

Key Points Bitcoin gold price tumbled recently and moved below the $250 support against the US Dollar. There is a major bearish trend line...

農業:砂糖業者はブロックチェーン技術を実行する計画

最近の進展で、Al Khaleej SugarのマネージングディレクターであるJamal Al Ghurairは、ブロックチェーン技術を製糖業に取り入れることを目的として集会を組織しました。この砂糖精製の失敗は、砂糖産業の問題を​​解決するためにデジタル技術を含むいくつかの研究をするために、株主を集めることに成功しました。 ブロックチェーン技術はすでに農業を含むいくつかの異なる分野で実施されています。世界の高級農業商人の足跡をたどって、砂糖業者はブロックチェーン技術を利用して取引や配送の取引を円滑に進めようとしています。 集会には約50名の著名人が出席しました。その中には、Societe Generale SAおよびABN Amro Bank NVの融資担当者、ブロックチェーンのスタートアップインキュベーターであるConsenSysも含まれていました。 プラットフォームをサポートするために分散元帳システムが使用されている場合は、商品に対する利益率が非常に低い場合でも利益を上げることができると商品を取引する人々の信念です。この信念は彼らに彼らの業界でブロックチェーン技術を実装することについて考えさせることです。 BP、Shell、Mercuria、Gunvorなどの最大級の商品ブランドは、ブロックチェーン技術に魅了されつつあります。 非効率性、通常は複数の取引相手からなる複雑な取引などの一般的な問題は、この分散元帳システムによって解決できます。発生したすべての取引は透過的に記録されるため、商品トレーダーが探しているものを特定するための適切な追跡方法で不正を行うリスクが軽減されます。 業界内で最新のテクノロジを実装することが計画されている場合、それは1人の人または1社の会社だけでは実行できません。 Jamal Al Ghurairが言ったように、「誰もがこの仕事を一人ですることはできません。一緒にしなければなりません。」したがって、ドバイブロックチェーン宣言では比類のない一歩を踏み出しています取引を標準化されたデジタルにするための手。 Archer-Daniels-Midland、Bunge、Cargill、Louis Dreyfusの4つの農業会社があり、それらを「業界のABCDS」と呼び、業界のコスト削減と透明性の向上を支援します。 2018年にこのグループは、人工知能とブロックチェーンを検討する計画を立案しました。

米国頼りは危険。日本が手を組むべきは中国よりインドである理由

10月24日、政府はインドに対して本年度3,000億円超の円借款を実施すると発表。これまでの累計額は世界一を保っています。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、米国の衰退と中国の成長鈍化による混乱が懸念される中、今後大幅なGDP上昇が望める「未来の大国インド」と日本の関係強化は評価できると記しています。 なぜインドは日本にとって【最重要国】なのか? インドのモディさんが来られましたね。これに関連して、2つニュースがでています。 <円借款>インドに3,000億円 29日首脳会談で伝達 毎日新聞 10/24(水)23:57配信   政府はインドに対し、日本の新幹線方式を導入する鉄道建設などを対象に今年度、3,000億円超の円借款を供与する方針を固めた。安倍晋三首相が29日、東京都内で予定するモディ首相との会談で伝える。 「今年度、3,000億円超の円借款を供与する」そうです。 政府は2015年度以降、年間3,000億円超の円借款を含む政府開発援助(ODA)をインドに供与している。同国に対する円借款の累計額は今年度を含めて約6兆円で、世界で最も多い。政府は「自由で開かれたインド太平洋戦略」の一環として、今年度も高水準を維持することにした。 (同上) 「円借款の累計額は約6兆円」で「世界で最も多い」そうです。実にすばらしい!なぜすばらしいか、その理由は後述します。 もう1つ。 <安倍首相>印首相を別荘招待 中国とバランス外交 毎日新聞 10/23(火)21:58配信   安倍晋三首相は23日の自民党役員会で、近く訪日するインドのモディ首相を、山梨県鳴沢村の自身の別荘へ招くと明らかにした。モディ氏は28日に別荘を訪れ、正式な首脳会談は29日に東京で行う。 モディさんを別荘に招待したそうです。誰かと「緊密な関係になりたいとき」「緊密であることを示したいとき」こんなことをするのですね。 日本の総理が、外国首脳を別荘に招く。これは、なんと中曽根さんがレーガンさんを招待して以来だそうです。なんとも「特別待遇」です。すばらしい! インドは、アメリカに並ぶ【最重要国家】 なぜ安倍総理が、インドのモディさんを特別待遇することがすばらしいのか?日本にとってインドは、アメリカに並ぶ【最重要国家】だからです。なぜ?軍事同盟国アメリカが「最重要国家」であるのは、中学生でもわかります。アメリカとの同盟がなければ、尖閣は、とっくに中国のものになっていたでしょう。沖縄も危険です(中国は、「日本には、沖縄の領有権はない!」と宣言している)。 では、インドは、なぜ最重要国?アメリカは、日本の軍事同盟国ですが、その力は相対的にどんどん弱くなっています。トランプさんのスローガンは、「アメリカを再び偉大に!」でしょう?ということは、トランプさんは、「アメリカは、昔偉大だったけど、今は偉大じゃない」と考えている。確かに、40~50年代とか90年代とかと比べると、アメリカは衰えている。「世界の警察官じゃない!」と自ら宣言するぐらいですから。そうなると、「アメリカ同盟頼り」だけだと危険ですね。 もちろん、「自主防衛能力」を向上させていくことが最重要。一方で、他の大国との同盟関係も深めていく必要がある。日本が「同盟国」に選ぶなら、インドが最適なのです。なぜ?ライフサイクルを見ると、欧州は成熟期、アメリカも成熟期、中国は成長期の最末期となっている。しかし、インドだけは、いまだ成長期の前期にあり、これからもますます成長しつづけていくことが確実。 インドは1947年、イギリスから独立しました。その後、混乱期が長くつづき、この国が成長期に入ったのは1991年でした。この年、インドは「経済社会主義」を捨てて、「自由化」に踏み切った。中国は、トウ小平が「資本主義導入」を決めた1978年から成長期に入った。つまり、インドが成長期に入ったのは、中国より13年遅かったことになります。 インドのGDPは2016年、2兆2,564億ドルで、世界7位。しかし、1人当たりGDPは同年、1,723ドルで、世界144位という低さ。常識的に考えると、インドはまだまだ「成長期前期」にいることがわかります。この国の1人当たりGDPが、(それでも貧しい)いまの中国並みまで増加したと仮定します。すると、インドのGDPは、約9兆ドルになり、日本を軽く超えてしまいます。そして、インドの人口は、日本の約10倍、12億1,000万人ですから、同国のGDPが将来日本を超えることは「必然」なのです。 将来、インドは、中国に並ぶ大国になるでしょう。ですから、日本は未来を見据え、インドとの関係を強化していく必要があります。 というわけで、アメリカとインドが日本の最重要国家です。安倍総理は、「大戦略観」をもって、インドとの関係強化に取り組んでおられる。実にすばらしいことです。 image by: 首相官邸 MAG2 NEWS Source link

NEWS

コネクトコイン – グローバルペイメントシステムに効果的な変化をもたらす

オンライン支払いモードでは、地理的な制約を一切受けることなく、世界中の人々が簡単に資金の支払いや送金を行うことができます。デジタル取引では、消費者は購入を確認するだけでよく、支払いはすぐに処理されます。しかし、支払いを電子的に転送する方法で人々が最適な利益を得られないようにするには、いくつかの重大な落とし穴があります。 フィアットの通貨振替に伴う重要な後退 ● ファンド価値の不安定性 年が経つにつれて、フィアットマネーの価値は下落する傾向があり、輸入価格の上昇と輸出需要の増加によりインフレ圧力につながります。それは、小資本の企業にとって重大な問題を生み出し、それらが世界市場の一部になることを制限します。 ● 銀行システムへの暴露の欠如 このグローバリゼーション時代でも、世界の人口の41%が銀行口座を所有しています。世界の人口の半数以上が、依然として彼らの身体的境界を超えて取引または取引することができません。 ● セキュリティ不足 適切な承認なしに誰かが同じカード(借方または貸方)を使用して支払いを行うことができるため、フィアットの金銭取引は常にオンライン詐欺に対して脆弱です。さらに、オンライン取引を完了するには、ユーザーは自分の個人情報を送信する必要があるため、個人情報が盗まれる可能性が高くなります。 グローバル決済システムの変革をめざすCITL Cryptocurrency International Tanzania Limited(CITL)は、タンザニア連合共和国にある民間の有限責任会社です。同社は、ユーザーが単一の専用暗号通貨を使用して支払いを行えるようにすることで、既存の世界的な支払いシステムと送金を変革するつもりです。さらに、同社は暗号通貨に関連する不安定さや、通貨の平準化および統合ブロックチェーン技術にも対応し、コネクトコイン(XCON)として知られる分散型で安定したトークンを開発しました。 コネクトコイン(XCON) Connect Coinは、オンラインでの支払いと送金を世界中で簡単にすることで「Connect the World」を目的として開発された、標準のERC-20 Ethereumベースのコインです。 XCONは、Connect Payと呼ばれる安全で効率的なブロックチェーンベースの支払いシステムを提供して、自社の製品やサービスを紹介し宣伝することで、販売者に権限を与えることを考えています。同社は、世界中の消費者や加盟店がConnect Coinを使用した取引活動に参加できるようにするための広範なグローバルConnect Marketplaceを開発しました。 コインソリューションを接続する コネクトコインは、その買い手と売り手に次の解決策を提供します。 - ● 低コストでの振替: ブロックチェーン技術により、Connect Coinは、高い取引手数料を主に負担している仲介業者を排除できます。 Connect Coinを使用すると、ユーザーは低コストで直ちに資金を振り込むことができます。 ● 多通貨モバイルウォレット: CITLは、暗号通貨のユーザーが暗号トークンを保存し、暗号通貨を交換し、リアルタイムの口座振替を実行することを可能にする多通貨ウォレットを提供します。 ● トランザクションの透明性 Blockchainの確認メカニズムとトランザクション記録システムでは、ユーザーが本を2倍にしたり、費用を2倍にしたりすることはできず、プロセス全体が整理されて透明になります。 ● 最大のデータセキュリティ ブロックチェーン内では、トランザクションの順序は、ブロックに分割してそれらのブロックをチェーンに接続することによって完了します。これにより、トランザクション処理でデータが改ざんされる可能性を回避し、最適なセキュリティを保証します。 アプリを接続 Connect Appを使用すると、ユーザーは他のユーザーからリアルタイムでConnect Coinを入金、送信、および受信できます。アプリはまた、ユーザーがコネクトコインを受け入れる世界中の商人に商品やサービスの支払いを容易にします。このアプリを通じてユーザーはできるようになります:...

ムンバイの警察はインドのRs 1.12 Crore Cryptoラケットを破壊します

ムンバイ警察は、同国の違法な暗号ビジネスに関する大規模な取り締まりで、1.12万ルピーの投資家を騙したとして、Suratに拠点を置く会社の4人のエージェントを逮捕した。被告人は金曜日にムンバイ犯罪支部に逮捕され、同局は被告人も同じ種類の手口を使って他の投資家を騙したと疑っている。 詐欺の被害者によって提出された訴状によると、被告は「現金硬貨」という会社を持っていると主張し、彼らの投資と引き換えに暗号通貨を引き渡すことを約束した。告訴人はさらに、2018年12月にデジタル資産に関するセミナーに招待されたDahisarホテルで被告人に会ったと主張しました。セミナーで、被告人は最大100〜200パーセントの約束で会社を投資するよう誘いました。彼らの投資を見返す。被告はまた、被害者に対し、スラトのデリーや他のいくつかの都市ウッタルプラデーシュ州で、その口座をデジタル通貨に投資し、将来的に投資家に良いリターンを提供するよう依頼したと主張した。苦情申立人。被害者を安心させるために、被告人はcashcoins.comというウェブサイトのログインIDとパスワードを提供しました。 昨年11月に投資家がリターンを要求したが問題から発生し始めたが、被告から満足のいく答えは得られなかった。おむつたちは、異なる種類の言い訳をすることによって彼らを待たせていました、そしてそれは、投資家によるクレームの提出を犯罪部門にもたらしました。苦情を受けて、ムンバイ警察の犯罪部門はインド刑法(IPC)法のセクション406、419、420、および34の下で被告人に対して訴訟を登録した。調査中、警察はグジャラート州で告発された8人のうち4人を逮捕するために派遣した。逮捕時に、被告人は裁判所に出頭し、現在は2月25日まで裁判所により警察に拘禁されている。 4人の被逮捕者は、グジャラート州のスラト市内に住むキランクマル・パンチサラさん(36)、アルペシュ・バロディアさん(32)、ラジニカント・クバワットさん(46)、サンジェイ・ソンタケさん(44)です。警察によると、他の4人の被疑者は逃走中である。それらを捉えるための努力が続けられています。犯罪部門はまた、申立人が送金した口座の詳細を調査しています。この事件を調査している警察官は、これまで他の投資家によって何の苦情も提出されていなかったが、他の多くの人々も同様に被告人によって騙されたと疑っている。

Cryptoは健康的な利益を記録する主要通貨で力強い回復を迎えます

暗号化市場では、Coin360のデータによると、時価総額が2から12%の堅調な伸びを記録したことにより、トップ20の暗号通貨で強い回復が見られました。時価総額でトップの暗号通貨であるBitcoinは、プレス時の時点で3,742ドルで取引されています。毎週の利益の面では、トップコインは2.38%の成長を記録しました。しかし、それは町の話題となっているEthereumによって登録されている最も強い成長です。アルトコインは、過去24時間で11%の優れた成長率を記録し、プレス時点で137.65ドルで取引されていました。さらに、Ethereumは先週末も回復傾向を続けており、過去7日間で13%以上の成長を遂げました。これは、アルトコインが2019年2月17日の時点でビットコイン現金(BCH)よりも高い値で取引するのを助けました。リップルの成長軌道は比較的平らになり、プレス時には、それは0.309ドルで取引されていました。上昇率という点では、リップルは過去24時間で2.6%増加していますが、毎週の上昇率は1.7%です。ただし、月次比較では、資産の約5.5%のマイナス成長が明らかになりました。 EthereumはBitcoin Cashよりも高い値段で取引していますが、後者はその日の6.5%の強気の成長を記録し、プレス時の取引値は約130.22ドルでした。ご存じのとおり、Bitcoin Cashは時価総額で6番目に大きい暗号通貨であり、今週は4.5%の上昇を記録しました。当日の堅調な業績には、3%増の5番目に大きいコインEOS、2.9%増の9番目に大きいコインStellat、および4.7%増の10番目に大きいコインBinanceが含まれています。暗号通貨のリストで16位にあるMakerは、当日9%の堅調な伸びを示し、プレス時には555.8ドルで取引されています。すべての暗号通貨の時価総額は1,259億ドルで、先週に比べて時価総額が3.7%増加しました。 産業シナリオ 最近よく知られたCNBCのコメンテーターであるBrian Kellyは、Bitcoinは50%過小評価されていると主張し、おそらくその最低値に触れています。これから、Bitcoinは利益を上げ、うまくいけば市場の弱気相が終了すると期待されています。彼はCointelegraphとのインタビューの間にこの意見を表明し、Bitcoinが2019年に戻って跳ね上がることを望んだ。さらに、2018年は暗号のためのバーを本当に下げたと結論しながら2019 。

Press Release